面接時の顔汗 面接官から見た印象

面接で汗っかきは不利?!

 

就活やバイトでの面接は結構緊張するものですよね。

 

 

面接の場所は一般的には季節に合わせて空調が適温になっていたりと、基本汗をかく温度にはなっていないのが普通ですが、緊張により汗が吹き出て止まらないというお悩みは辛いものです。

 

男性の方ならハンカチでスマートに拭くことができればベターなのですが、女性はお化粧もしていますしそうもいきません。

 

多汗症の方は汗をかくということがプレッシャーになってしまい、特に面接などの「ここ一番」という場面で汗のことを気にし過ぎて更に汗をかいてしまうということもあるようです。

 

 

では面接官から見てこのような汗っかきの方の印層はどうなのでうしょうか?

 

人それぞれ捉え方は違うようですが、例えばその職種がお客さまと面と向かってお話を必要とする業種であったりするともしかしたらマイナスの印層を与えてしまう可能性もあります。

 

また食品を扱う職種の場合なども同じようなことが考えられます。飲食店などが主ですね。

 

でも面接官が全員が全員そこまで見ているとは思えませんし、見られていても「緊張で汗がでてるんだな〜」っていうのは基本わかるはずです。

 

でも面接時に誰が見てもまゆ毛やメイクが落ちてしまうといった事態は避ける努力はされたほうが良いですね。

 

 

 

なんでこんなに酷い!?緊張すると汗が出てしまうメカニズムとは?

 

では緊張すると汗が出てしまうメカニズムとはどのようなことなのでしょうか。
緊張すると汗をかいてしまうのは、自律神経の交感神経が活性化するからなんです。

 

 

自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、交感神経は外部からのストレスがかかった時などに機能を活性化させます。

 

逆に副交感神経が優位になっているのは、眠る前のリラックスした時間であり、神経がたかぶるようなことがあると眠れないのは交感神経が優位になっているからです。

 

交感神経が優位になっていると、心肺機能を高めたり緊張というストレスから体を守るために一時的に多量に汗をかいてしまうのです。

 

 

ただ汗かきというだけではなく、こういった人前に出る緊張によって大量に汗をかいてしまうといった方にも
顔汗予防ができるサラフェプラスは必需品と評判です。

 

 

ここ一番の面接、汗なんかに支配されないで勝負したいものですね。